CP⁺へ行って。そして思い返した出来事。

  • 2017.02.24 Friday
  • 18:43

 

私はCP⁺へ行ってきました。

 

各ブースの製品のことは受け取る人それぞれなので置いておきまして、

私の感じた印象では、毎年会場に入っていく時のお客様のワクワクしているちょっとこわいくらいの期待感を

今年ももれなく感じました。まとった空気感が何とも言えません。

 

それぞれのブースで伝え、受け取り合う魂のこもったやり取りの様子が私は好きです。

それは、新しい開発製品だけではなくて、中古販売のアンティークカメラの売り場でも感じました。

みなさんにとってよき出会いがあるCP⁺になってほしいですね。

 

会場ではベビーカーで赤ちゃんと共に回られているご家族を時折見かけました。

ご夫婦協力して赤ちゃんを見つつ、スタッフとお話されていて微笑ましく感じます。

そんな姿に数年前のCP⁺の出来事がふと浮かんできました。

 

数年前、ありがたくチャンスを頂き、まえのかつみもCP⁺で講演をさせてもらったことがあります。

その時、私も慣れないながら少しの手伝いをさせてもらいました。実は手伝いなのに緊張しまくってました。

講演はありがたいことに沢山の方々に清聴していただけました。(同じ時間に他の方の講演もあるのに感激です)

中にはベビーカーで若いご夫婦がいらしてました。

 

長い時間、最後までいてくれて、お子さんもずっと静かにお昼寝していて、

きっとこの時間の為にご夫婦でいろいろ考えてくれたのだろうと思います。

 

講演が終わってバタバタとしていた私も少し落ち着いて、あのご夫婦にひと声お礼の言葉を伝えたいなと

探したのですが、もう会場を出られたようでした。

 

あのご夫婦はもとより、いらしてくださった皆さんにとって

この講演が何かを感じる、得るものがある時間となるよう願ったひと時でした。

 

今の自分ならばちゃんと伝えられる余裕があるだろうか・・?

あの時伝えられなかった「感謝の思い」を今回この日記に書かせてもらいました。

 

                                          のりこ

 

 

コメント
コメントする